焼き立てパンと竹串

書きたいことを書きたいときに。パンは登場しません。

ストレス太りタイプ

書くことに慣れるために、たまにお題で投稿してみようと思います。

はい、今週。

 

今週のお題「受験」

 

受験。

なつかしい響きです。

大学受験にまつわるエピソードがあるので紹介します!

 

高校時代、私は日々ストレスを処理しきれず抱えっぱなしでした。

1年生の時からすでに毎日の課題に追われ、苦手を処理しきれず…

そのまま3年生になり、受験に向き合うことになりました。

 

そうすると、今まで苦手分野や疑問を放置して、何がわからないのかがわからなくなって、後悔しました。

やってもわからないし、それでも月日は過ぎていくもので、ずっと焦っていました。

 

おそらく、11月から3月が最もストレスマッハでした。

そのころ、いま思うとおかしいとしか言えないような行動をしていました。

 

その行動とは…

毎日1つは必ず揚げ物を食べる。

 

揚げ物への食欲が耐え切れなくなってしまったのです。

しかし当時、本人は全くそれがおかしなことだと思っていなかったのです。

 

その経験から学んだことは…

  1. 自分がストレスを食欲で発散させようとしている
  2. ストレスは正常で客観的な思考を奪う

以上の2点です。

 

そんな生活のおかげで、私の大学受験が完全に収束したころの私は、

157cm / 59kg

というとんでもない数値をたたき出しました。

もちろん今見るとびっくりのおデブでした。

 

先日、就活のために入学式で着たスーツを着てみたら…ぶっかぶか。

もうインナーのブラウスまで、ボタンを留めても浮いてしまって肌が見える。

お直しで何とかなるレベルではない。

そんな有様だったので…結局リクルートスーツもブラウスも新調しましたが、なんと2サイズも落ちてました。

 

いやー、怖いですねストレス!!

適度に発散させていきたいものです。

紹介したエピソードからストレスがもたらすマイナス効果を学んだわけですが、あれから3年経った今でも、ストレスのうまい逃がし方はよくわかっていないまま…

なんとかしたいです!